[トップへ戻る]

2018年のフライトログへ

2017年のフライトログへ

2016年のフライトログへ

2015年のフライトログへ

2014年のフライトログへ
2013年のフライトログ
2012年のフライトログへ
2011年のフライトログへ
2010年のフライトログへ
2009年のフライトログへ


 
2019.05.18

F3J日本選手権の一日目、朝の風景です。 木村はXplorer3と2.5を組んで、準備万端です。

一日目は予選の6ラウンドが予定通り消化できました。 お昼前から天気予報よりも強い6m/sの風が吹き、場外着陸や
着水、バンザイなどハプニングも多くありました。

木村は風が3m/s程度だった1,2ラウンドはちゃんと飛べていましたが、風が強くなった辺りから、場外着陸に索切れ
なとボロボロの成績です。

もう一日、残りの2ラウンドがありますので、気持ち良く終われように頑張ります。

1チーム4名体制で写真を撮る事が出来ません。 スマホが画像ですいません。


 
2019.05.12

上里です。 F3J日本選手権を来週に控え、最終調整(たぶん)に来ました。 風が5m/s程度あって、気温はそこそこ
上がりましたが、東よりの冷たい風が吹いています。

F3J用のウインチも6台並びました。
先週調整したXplorer3のランチ練習、予備機その1になるXplorer2.5のランチ練習をしました。
2機とも、風に合わせて2kg程度になるようにバラストを積んでのフライトです。 



冷たい風が強く吹くので、風上でリッジを使って粘るか、風下に流してサーマルを待つかの判断がとても難しい所です。



巻き具合を調整しようと蹴っ飛ばしたら、ワンウエイのロックレバーを蹴ってしまい、中のスプリングが飛び出してしまい
ました。 家に帰ってからウインチをバラして修理をしました。

スプリングの押さえが外れてしまったのですが、同じようには戻せそうにないので、ハウジングに穴を開けて、M2のネジで
押さえるように改造しました。


 
2019.05.06

上里です。 連休最終日はさすがに静かです。 F3J上里チームのみのフライトです。
薄曇り、風は東より1〜4m/sと波がありました。 気温は21℃でしたが、湿度が高いのかTシャツ一枚で過ごせました。

9時過ぎ頃に到着時点では一人だったので、ショックコードを展開、2本ほど上げた所で他の方も見えられ、ウインチ検定
をしたり、ランチ練習などをしました。

ウインチは前回測定したときは25ミリオーム台でしたが、バッテリーを新品にしたら23ミリオーム台になっていました。
新しいバッテリーで電圧が負荷時でも落ちにくくなったためでしょう。



これは、ランチ練習開始前のフック位置です。 リリース後の立ちが悪く、その上、上の方で暴れるので、早めにランチモード
を解除する必要がありました。 当然、獲得高度も稼げませんでした。



天田さんのすすめで、思いっきりフック位置を下げてみる実験をして見たところ、立ちが改善、しかも曳航中の姿勢もビタッと
決まるようになりました。 フック位置が重心位置より10ミリ以上後ろになったのに、事象に?はありますが、結果オーライ
です。


 
2019.05.03
 
上里です。 令和の飛ばし初めになります。
9時頃に現地に到着しましたが、渋滞を嫌ってか、何人かに先を越されていました。

風は1〜2m/s程度と穏やかですが、お昼まで飛ばしても西よりの風のままでした。 日照もたっぷりだったので、その割に
気温は上がっていて、サーマルはイヤになるほど出ています。
一度、風の変わり目に上げた時だけはズフズブと沈んで、外周を一周で降りてしまった回はありましたが。

今日は150メートルウインチの方が多いくらいで、機体もF3J機の方が多く見られました。

令和の飛ばし初めと書きましたが、令和の「令」の文字、フォントによって見た感じの印象が違ってきますね。 
HPのトップに入れてあるのは行書体ですが、このフォントでは「令」の横棒、縦棒がどちらも「点」になっています。
最初に見たときには、字を間違ったかと思って焦りました。


2019.04.29

上里です。 明日、4/30は雨の予報なので、平成の飛ばし納めに来ました。
所用で午前しか飛ばせないので、9時前からお店を広げています。  今シーズン初の草刈りも済ませています。
到着時はお一人様でしたが、帰る頃には4人になっていました。

風は朝から東よりの風で、3m/s程吹いていますが、日差しの割に風が冷たく、小さな突発的なサーマルしか出て
来ません。

一人だから...とウインチは出さずにショックコードで上げていたので、低い所から粘って、10分以上が何とか3本、
他は5〜7分のフライトだったので、定点着陸の練習に使いました。


昨日もそうでしたが、マイクロライトプレーンが何機もぶんぶんと飛んできます。 この機体は、北風に流されて、いつもの
コースから外れたのを上里の上空を横切って一生懸命戻ってくる所を撮りました。
大きな写真をトリミングした画像です。


 
2019.04.28

GW 二日目です。 上里に飛ばしに行きました。
気温は18℃、午前は西よりの風で、午後から東よりに変わりましたが、2〜4m/s程度の風が断続的に吹くコンディション
でした。





F3Jの日本選手権も近づいているので、普段は余り飛ばないF3J機が飛びます。 ウインチも写真の手前4台はF3J用
の150メートルの物です。

さすがに15時頃からは渋くなってきましたが、それまではサーマルもふんだんにあって、15分MAXも立て続けに出て
いました。









林さんの持ち込んだ、サーマル工房の1/4スケールのKa8です。 ウインチで曳航して飛ばしました。
サイズもさることながら、ウインチにも負けない主翼を持つ機体でした。

スポイラーを出して降下してくる姿は美しいですね。



鯉のぼりを出しました。 去年まで上げていた鯉のぼりは、アラサーになった子供達の為に購入したものでしたが、
老朽化してボロボロに裂けてしまったので退役させました。

もういいかな?とも思ったのですが、やはりこの時期に鯉のぼりが無いと淋しいので、新しい鯉のぼりを
購入してしまいました。


 
2019.04.21

上里です。
予選会終了後に、少し時間があったので、BAMFを飛ばしました。 目的は新型ストリーマーの検証です。



先日のF3K壮行会で秋山さんに分けていただいたベアリング入りストリーマーの動きが余りにも良かったものですから、
自分でも何か...と作ってみたのがコレです。

アルミパイプに樹脂パイプを90°で接着して、ストリーマー自体が自由に回転出来るようにして見ました。
どんなに振り回しても絡まないストリーマーが出来上がり、フィールドで使うと、風にとても良く追従します。


 
スマホ用の内視鏡カメラです。 LEDライトの付いたUSBカメラで、胴体内部の様子を見るのに良いかな? と購入
しました。 とてもお安くて、送料を入れても2000円以下です。


2019.04.07

上里です。 ここでは二週間ぶりのフライトになります。 本番機の調整をメインに飛ばしました。
薄曇りながら気温は22℃まで上がりました。 シャツの袖をまくっても暑いほどです。

その割に風向きはが定まらず、何回かは背風でのランチを強いられました。 B機の飛ぶ高度は良さそうだったのですが、
ショックコードから上がるには厳しいコンディションが続き、7本上げて、10分以上飛んだのは4本ありましたが、その他は
4分、5分とあっという間に降りてくる状態でした。



21日にF3B日本選手権の東地区予選が控えているので、大盛況です。












タスクCの練習風景です。



新町の自衛隊基地で桜祭りをやっいて、展示に来ていたAH−1S?がお帰りのようです。 上里上空を通過していきました
が、下から見ると随分と細身なんですね。


 
2019.03.31

お山の飛行場で飛行会です。 出かける直前まで雨が降っていて、予報では雨が上がったら上がったで強風になると
あったので、期待はせずに出かけました。

風が北西方向からなので、いつもの様なリフトは望めません。 午前は時々流れて来るサーマルや切り離されたウエーブに
乗って、渋いながらもそこそこのフライトが楽しめました。

フィールドが背風帯に入っているので、手元に戻る前にパタッと落ちてしまいます。





いつものように会長自ら作製の豚汁とバーベキューです。 お肉に白ご飯もいただいた最高のお昼です。





午後になって他のメンバーも飛ばし始めましたが、風が安定せず四苦八苦です。
フルズームで被写体深度が深くなっているので、背景と不思議なコラボになっています。

飛んでいるのはホープ26号です。 一番風の強いときに上がったので、フルスロットルでホバリングの時もありました。



Blaster3.5も風に翻弄されながらも飛んでいます。



発泡製のセスナも背景とのコラボが面白いです。



木になるパラソル機。 主翼は何処に....


 
2019.03.23

朝の尾島です。
本当はきままな飛行会の予定でしたが、強風と寒さのために中止となりました。 車の温度計で7℃とありましたが、平均で
3m/s程度の北西の風が寒さをランクアップさせていました。

中止にはなりましたが、ほぼメンバーが集まったので話に花が咲きます。

島崎さんがマイクロドローンに無尾翼機の主翼を組みあわせた謎のトイプレーンを持ち込んでフライトに臨みましたが、
前転を繰り返すだけで残念ながらフライトならず。



SIGさんは1ミリスチレンペーパーで1/3〜1/4縮小のプレイリー号をスクラッチ。 夜中の一時ので掛けて仕上げて
来られました。



風が強かったので一瞬のフライトでしたが、微風コンディションなら良い飛びになる事でしょう。



胴体に貼った「みんねこ50円」のステッカー。 追悼にとカッティングマシンを使って作ってみました。
本日集まったメンバーには配布できました。



解散後、時間も早かったので上里へはしご。 一時間ほどハンドランチを投げました。
風は更に強まって5m/s程に。 到着時、大高さんが一人で飛ばしていました。

曇天強風の悪コンディション。 BAMFも2分の厚い壁に阻まれましたが、20分も飛ばしていると、「なんか良い飛ばし方」
が判った気がして、フライトタイムも伸びてきました。

宮川さんのよく言う「ぐいっとエレベーターを引く」がこのコンディションには合うようです。


 
2019.03.10

上里です。 南関東の天気予報は曇りのち雨ですが、こちらはまずまずのお天気。 朝10時の時点で気温は12℃、風は
1m/s前後と穏やかです。
前日、土曜は10人以上が飛ばしに来ていたようですが、今日は朝の時点で二人だけです。

今日は飛ばし比べの為にMARCH540を持って来ました。 こちらはスタントトレーナーの位置づけですので、ナービス
程度の演技をするのになんら不足の無い機体です。

スバル09号に比べて、何段階か機速が速いので、舵の入りが良く、ループなど2〜3割は大きな演技になります。
ロール系も上反角が少ないおかげで、スティックを離した時に回転がピタッと止まりますね。
スルスルと色々出来てしまいます。

次はまたスバル09号に戻って鍛錬です。





市川さんのXplorer F5J。 蛍光色の部位が良く目立ちます。 今日の空は基本薄曇りですので、この様な色が良く
見えます。



ショックコードを設営してXplorer2を上げました。 段々と雲が多くなってきましたが、お昼前に15分MAXが2本取れました。



午後になって雲が多くなってきました。 気温自体は車の温度計で16℃と出ていましたが、日差しが無くなってウインドブ
レーカーだけでは寒く感じます。



本日のお供はこれに加えてBAMFと言うラインナップです。

お昼過ぎは渋い条件になりましたが、Xploreを走らせて、更に2本のMAXを飛ばしました。 良く飛んでくれました。


 
2019.03.01

通勤に使う自転車用ヘルメットを新調しました。 古い方は7年ほど使ったので、内装の汗止めパッドがボロボロになって
しまいました。
古い物はJIROでしたが、今回はMETです。 通勤用なので、リーズナブル路線のモデルです。

リーズナブル路線だけあって、とてもシンプルな...シンプル過ぎるカラーリングでしたので、アクセントとして、名前を
入れてみました。



カッティングシートで作った名前は、カッティングマシーンを使って切り抜いています。 使っているのはブラザーの
ScanCut CM300と言うモデルです。 このモデルは一般的に使われているローランドのステカと違って、この機械
だけでPCを使わなくとも文字を作ったり出来る機械です。

更に、スキャン機能を使うと、自作ステッカーの外周を切り抜くと言った芸当も出来ます。 今回ヘルメットに貼った名前
で「M」だけが一段下がった感じになっていますが、これは一文字だけずらして貼ったのではなく、こう言った感じのデータ
を作って、この形で切り抜いています。

最新作の電動飛行機、スバル09号に貼ってある「KimuraCraft」の文字も、この機械で切り抜いた物を貼っています。


 
2019.02.24 

上里です。 前日は爆風が吹きましたが、開けた日曜は穏やかなコンディションになりました。 朝10時の段階で気温は
9℃あり、風も東に変わっていました。 風速も1〜2m/s程度です。



前回新しくしたショックコードのテンションを計りました。 いつもと同じ、大股で40歩、延ばした状態で150メートルになる
ようにして、約10kgを示しました。

今まで使っていたゴムとほぼ同じ値です。



本日のグライダーはXplorer2とBAMFです。 Xplorerこの2が他より40グラム程度重いですが、全機同じような翼面荷重
になってしまったのですが、この「2」が一番飛ばし易い感じがします。



サーマルは強いけど小さいものです。 珍しくトンビが集まって鳥柱が出来ていました。 中に一機F3B機が飛んでいます。



F3BチームはタスクBの練習が始まりました。
コンディションが良く、24ラップ、26ラップと良いラップが出でいました。





木のてっぺんに鳥がちょこんと留まっていました。 チョウゲンボウのようです。


2019.02.17

上里です。 今日は飛行場整備です。 以前から整備を進めている、西側リターン脇を攻めて行きます。

数年前の冠水後にはびこっているオニグルミ?とハリギリ?を駆除して、牧草用の大型の草刈り機が入れるように開墾を
進めています。



低空侵入に邪魔な、一年で腕ほどに育ってしまった枝を切り払って居ますが、その下には腰掛けられる程の切り株が
残ります。 ここから新たな枝が出て来てしまいますし、なにより大型草刈り機が入れません。

今日はチェーンブロックを使っての抜根作業です。 二人ががりでチェーンを引いて、引き拭いた太ももほどもある根は、
真下に1メートルも埋まっていました。 一番の大物です。



朝から風はありましたが、整備をしている間に更につよまり、6m/s以上にもなりました。 その割に気温は10℃近く
まで上がったので、フィールドにいて辛い事はありませんでした。

お昼過ぎ、本日初飛行ののDEVICEの調整が始まりました。



前縁の立ち上がりがかなり前寄りで、最大翼厚が20%あたりの主翼で、ズーム後の伸びが良かったのが印象に
残りました。

風が強かったので、午後は滑走路の拡充工事だけで撤収となりました。


 
2019.02.11

上里です。 車の温度計は家を出てから変わらず3℃を示したまま、空気は冷え冷えとしています。
ですが、フィールドは日差しを浴びて、地面付近の温度は9℃を示していました。

千葉で降雪の映像が入って来ていますが、ここ北関東では薄曇り程度です。



先ずはスバル09号から。 いままでと風向きが違い、演技の進入方向が変わります。
先週、良い感じになってきたインメルマンターンがヘロヘロに戻りました。 試しに背風で今までの方向でやってみると
ちゃんと出来てます。
見た目が違うとタイミングがずれるみたいです。 また課題ができました。



先週、かたづける時にショックコードに亀裂を発見、新しいゴムに取り替えました。 今までのゴムはネオラバーチュービング
と言う商品で、2009年から使っている物です。 随分と長持ちしたものです。
新しいゴムはアズワンの物ですが、素材やサイズは一緒。 ちなみにサイズは外径13ミリ、内径9ミリで16メートルです。
新しいだけあって、まだ固く伸びが悪い感じはしますが、同じように使えてます。

午前は小さいながら強力なサーマルがあちらこちらで発生していて、もうダメかな...と思った次にポンとサーマルに入る
感じでした。

コンディションの一番良かった時間帯では、6機がサーマルに乗っていました。





屋外で試したLiPo WARNING LED。 ショックコードで何度も上げたり降ろしたりする時に重宝しますね。









午後は日が陰って寒く渋い感じなりましたが、3BチームはタスクCの練習です。 15時頃に日差しが戻って、ターンする
機体が綺麗に見える様になったので写真を撮ってみました。

頭の上は青空が見えていましたが、東の空はどす黒く曇っていました。 暗い雲をバックに日差しを受けた機体が
映えています。


 
2019.02.09

F3J機のバッテリー管理用にG−FORCEのLiPo WARNING LEDを買ってみました。
テレメトリーで受信機電圧は送られてくるのですが、レギュレーターを積んでいる関係で残念な事に当てになりません。

これは光で電圧を知らせてくれる物です。



キャノピー内で光らせてみました。 40%以下で赤色に、20%以下で点滅になります。
屋外でどの位光って見えるか...ですね。



ラジ技を買ったらやたら分厚い。 明けてみたら豪華付録が付いていました。 読者高齢化のおり?でしょうか。


 
2019.02.03


上里です。 今年に入って一番穏やかなコンディションって感じの一日でした。 
到着一発、スバル09号を飛ばしましたが、この時点では北西の風が2m/s程度、車の温度計で9℃の気温がありました。

ナービスクラスのスタントをスバル09号で習得すべく色々とやっていますが、上空で風に翻弄されていました。
今日はそれほど風も強くなく、どうにもとっちらかるインメルマンも良い感触が掴めました。





お昼前までは北西の風でしたが、お昼近くに風向きが変わり、南東の風となりました。 気温も上がって、ダウンジャケット
を着ていると汗ばむ程です。



汗ばんでいたのですが、2時頃に日が陰り始めました。 とたんに肌寒くなり、今まで天国状態だったサーマルも何処かに
行ってしまい、渋い状態になります。



私はスバル09号を飛ばした後、Xplorer2.5をショックコード上げました。 4本上げて、15分MAXが3本、気をよくして
望んだ次弾が3分とオチが付きました。

15分飛んだ時も、上空まで上がる訳では無く、目測で150メートル辺りを漂う感じで、それ以上上には上がってくれません
でした。
Flitz2も似た感じで、サーマルにはヒットしますが、上昇はある程度の所で頭打ちとなりました。





今日もドックレースの練習に来ていました。 中の一頭が調理中の私のお昼、バターチキンカレーの空き缶を一なめ
していきました。
具合が悪くなってなければ良いですが....


 
2019.01.27

上里です。 夜中に自宅付近では雪が降って、朝起きたら一面真っ白でした。 私の何処でもノア、エポキシ号は4WDでは
ありますが、スタッドレスを履いていないので、奧さんのハスラーでの出動です。

天気予報では5m/s程度の風予報だったので、Snipeとバラストを持って行きました。 飛ばし始めは40グラムのバラスト
で4分以上のフライトをしていましたが、10分事に風が強まって、80グラムのバラストを積んでも前に進まなくなったので
フライトを終了しました。

スマホの簡易風速計アプリでは瞬間14m/sとありました。 かなり眉唾ものなので、その分をさっ引いても10m/s前後
は風があったようです。



こちらは榛名山です。  赤城が白いのは良く有る風景ですが、榛名山も白くなっています。



900グラムのバラストをFOSAに積み込んで果敢に強風を攻める宮川さん。
ホルダーは市川さんです。





空はとても綺麗です。 白い機体が良く映えます。



昨日、ファームウエアをバージョンアップしたレンズで撮ったのが下の写真です。 上側の13日に撮った写真と比べると
周辺光量の減衰が軽減されているのが判ります。

2枚の写真は同じ様な時間帯、同じような方角を撮った物です。


2019.01.26

これは先週撮った写真ですが、フル望遠にすると画像の四隅が暗くなる現象がおきます。 周辺光量不足によるもので、
私が使っている18−300mmのような高倍率ズームレンズでは良く有る現象だそうです。

純正レンズでは、カメラでこの光量不足をデジタル処理で補正するデータを持っているのですが、SIGMAやTAMRON
などのレンズには補正データがありませんでした。



今回、SIGMAで私の使っているレンズのファームウエアのバージョンアップがあって、それを適用すると周辺光量の
補正データが使えるようになるとのことです。

早速、データをダウンロードして、レンズに転送、バージョンアップを行いました。 SIGMAではUSB DOCKと言う
アダプターをレンズに接続することでデータの転送やAFの調整などが出来ます。



バージョンアップ後にカメラに取り付けると、この様に補正データが使えるようになりました。
撮影が楽しみです。


 
2019.01.20

上里です。 大寒ですが3月並の暖かさと予報がでていましたが、風は1〜3m/s程度と穏やかです。 雲が若干多く、
日照はそれほどでもありませんが12℃と気温は上がりました。



JEDIの発航です。



渡り鳥をバックに着陸進入をするXplorer。





Xplorer2.5の曳航は主翼の反りが少なく、見ていて安心感もあります。



木村のピットはSnipeとXplorer3です。 Snipeは先日のフライトで、着陸時にモグラの土盛りにフラップをぶつけて
リンケージの接着が剥がれ、修理した物のテストを兼ねて。

Xplorer3は2019年度のF3Jのレギュレーションで変更になった最低翼面荷重、20g/dm2以上をクリアすべく積んだ
バラストのテストです。



188グラムのバラストを積んで、最低翼面荷重をクリアです。

約190グラムも重くなりましたが、少しでも風があればこの方が飛ばし易い感じもありました。 4本ショックコードで上げて、
1投目7分を始めに、15分MAXを3本揃えられました。



ウルトラライトの飛行場から上がった怪しい複葉機。 以前はRedBullカラーだった気もしますが、今回は赤ですが
BREITLINGカラーのようです。

かなりの高機動フライトをしていました。 私がカメラを置いた空きにループを一回入れていました。
速度を付けて「くるっ」としたループです。 エンジンパワーはソコまででは無い感じですね。


 
2019.01.14

今日はお山の飛行場で新年飛行会です。 一月ですが気温は7℃ほどあり、穏やかな風も相まって寒さは感じません。
例年、地面は融けた霜でぐちゃぐちゃになるのですが、今年はサラッと乾いて、車が走れば砂埃が舞うほどです。



いつもの焼き肉に加えて、今日は会長さん自ら豚汁を振る舞ってくれました。 豚汁、焼き肉、ご飯に甘酒と豪勢です。







風が弱いからなのか、サーマルへの吹き込みで風向きがコロコロと変わります。 東や南東の風がメインですが、たまに
北や西風が混ざります。

北西方向からの風が吹くと、山からの吹き下ろしになります。 今日のコンディションは、ハンドランチを一投すれば最低
でも5分は浮いている感じですが、北西の風が入るタイミングでは1分がギリギリのフライトになります。



EPO製のカブでトーイングです。


 
2019.01.13

上里です。 最近は他の方が飛ばし始める前に電動飛行機を1フライトすることにしています。
予報では風が1m/sとあったので期待していましたが、実際は2〜4m/s程度有りました。

重心位置を始め、設定したフラッペロンのキャンバーの効き具合とか試したい所ですが、風に対して上りと下りでの
速度差が大きくて、今日もただ飛ばすだけで終わってしまいました。



ショックコードを張って、Xplorer3を上げます。 バッテリーを850mAhのハイペリオンから1000mAhのキーポン
に替えました。 サイズはほぼ同じで5グラムキーポンの方が重いです。

地表付近で3m/s程度の風でしたので、ノーバラストのまま上げました。 この機体は重心位置が128ミリで、たぶん
他の方のXplorer3よりも前重心ですが、1600グラムちょっとしか重量が無いためにギリギリの風速のようです。



少し風も強めになってきたので、バラストを1枚乗せてみました。 バラストは1枚211グラムあります。 
ノーマルキャンバーでじわじわ前に出て来る程度の足が生まれます。

2019年のF3Jは最低翼面荷重(水平尾翼を含む)が20g/dm2以上と定められるようなので、この機体は絶えず
200グラム程度のバラストを積んで飛ばす事になりそうです。

ちなみに、きむらクラフトの機体では、Xplorer2.5が50グラム程度、Xplorer2はノーバラストで規定をクリアします。



ピカピカのクロスファイア。 もう年数の経った機体ですが、新品のように綺麗な機体です。



天田飛行場長はフリーフライトの新作胴体をテスト。 垂直尾翼はオールドタイマー風になっていました。

お昼近くに、去年の夏に来ていたドックレース?のグループが来て、端の方でワンコを走らせ始めました。
移動のストレス発散で自由に走らせていたのですが、立ちションをするに当たって、「かじられたらどうしよう...」と
一抹の不安を感じたので我慢をする事に。 こんな所に弊害が...。


午後に母が亡くなるまでお世話になったグループホームに挨拶に行って来ました。 百ヶ日も済んで、遺産相続関係も
片付いたので、とお話をしてきました。 8年通った場所ですが、なにか凄く懐かしい感じを憶えました。

良くしてて戴いた事に感謝です。


 
2019.01.06

木村のきままな飛行会仲間、ねこみんさんこと長島さんが1月1日、ご逝去されました。
12月22日の飛行会にもいらして、グライダーのカレンダーをいただいたばかりで、
余りに急な事でしたので手の込んだタチの悪い冗談だったら...と思った程でした。
2000年に「ムサシノ飛行会」で初めて出会ってからのお付き合いでした。

本日、告別式に参列してきました。 T4を模した祭壇に見守られて、静かに眠って
いました。

ご冥福をお祈りいたします。

2007年 尾島スカイポートにて。


 
2019.01.04

上里です。 予報では1m/sから静穏とあった風速予報ですが、到着時で3〜4m/s程度ありました。
スバル09号を飛ばしている間に治まるか...と思いきや、中々風が落ち着いてくれません。

風が弱い予報を信じて一番軽いXplorer3を持って来てしまい、更にバラストを忘れたため、午前の3投は全く良い所が
ありませんでした。 BAMFの方が良く風の中を走っていました。

お昼過ぎてようやく風が予報通りとなり、Xplorer3は20分越えフライト。 同時に空にいた他の方の機体も20分を超えて
飛んでいました。



加納さんの電動自作機。 綺麗な上反角具合です。





天田さんの新作ピーナッツスケールクラスのゴム動力機。 風には勝てなかったようです。
電動MAXAは50分オーバーのフライトを終えて無事帰還です。

オスプレイが2機編隊で上空を通過しました。 初めて飛んでいるオスプレイを見ましたが、音が「パタパタ」では無く
「グオーン」でも無く、「ごー」でした。 最初、音だけ聞いたときはC1輸送機かと思いました。





加納さんに撮ってもらったXplorer3の写真です。
立てると大きさが際立ちますね。


 
2019.01.02

上里です。 2019年の飛ばし初めに出かけました。 家で、箱根駅伝の転倒した大東文化大学の第一区の選手が無事に
たすきを繋いだのを見届けてからの出陣です。

出がけ時の気温は7℃と暮れよりも気持ち温かいです。 現地は風が3〜5m/s程です。 ちょっと前なら風にビビって
飛ばさずに帰る木村でしたが、随分と図太く(身体も)なったものです。

他の方々がウインチ設営をしている間にスバル09号を飛ばします。 イジっていたトリムをサブトリムに移し替え、軽スタント
モードのエレベーターミキシングも見直して良い感じになりました。

滑走路を整備しましたが、今日程度の風が有ると、離陸は2メートル、着陸は5メートルもあれば事足りてしまいます。





綺麗な青空と乾いた空気、そこそこの風。 良いリフトが出ています。



スバル09号に続いてXplorer2をショックコードで上げます。 先日過放電してパンパンにLi−poが膨れてしまい、
G−FORCEの電動ガン用にバッテリーを交換しています。 1本目は川の上のウェーヴを拾って風下に流し、ホバリング
状態から左右に振って15分。

2本目はフィールド上空でサーマルを拾って風下に流しましたが、思いのほか風が強くなって、帰還が危ぶまれたので
7分でランディングさせました。

そのあとハンドランチも投げましたが、BAMFは風なんか物ともせずにキンキン走り回ります。 
バラスト? なにそれ、美味しいの?状態です。



お酒に塩、供物を供えて今年一年の無事を祈りました。 木村の無茶振りで飛行場長が即興の祝詞もあげました。









飛行場長のゴム動力機も発航のコツを掴んだらとても良い感じに飛んでいました。


 


[トップへ戻る]